Philippe Petit(プチフィリプ) の絵は私たちの目に挑戦し、私たちに質問し、心で内部対話を始まります。それはあなたが触りたい絵もあります。 素材の美しさ、想像上の美しさ。

プチフィリプは生き物を描く画家です。
彼は2014年に絵を描くことを始まりました。古生物学を通した人生の歴史は、プチフィリプが非常に才能があるでオステオパースになりました。何十年も彼は毎日その仕事をやっていますので、身体のことは堪能です。彼の絵は多く生き物の素材を見つけることがあって驚くことではありません。彼の作品は、生と美の探求もあります。 彼の絵は独創性と美しさの炸裂を遂げいます。黒と白のキャンバスの美しさ、影と光の美しさ、配色の美しさ。情熱的なアーティスト、エステートのキャンバスファセットです。それは美しさの想像上の世界へのアクセスですが、本物も幻も私たちに提案されています。

ダンサーのように彼のシルエットは調和的カラフルな空に上がります。私たちの目の前に、詩のような官能的なバレエがキャンバスの上に踊ります。私たちの体はアーティストをアニメーション化になって創造的な衝動を歓迎し、触発されて作っていく中で絶対に向かって飛び跳ねます。

PETIT Romain©

Création THIS IS MY BRAIN | BEAUSSART Amélie | Photographe PETIT Romain© | 2016 Tous les droits réservés
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon